派遣先で良好な人間関係を築く方法

派遣社員は基本的に同じ職場には3年間しかいることが出来ません。よって3年ごとにまた「一」から人間関係を築き直す必要があります。コミュニケーション能力に長けている人だったり人と仲良くなるのが得意な人であればそこまで苦ではないかもしれませんが、そうでない人は悩ましいところです。

私自身はそこまで人見知りをすることはありませんが、やはり新しい職場というのは最初はかんりしんどい思いをします。これから話す内容は同僚のコミュニケーション能力に長けている女性の話を参考に書いていきますので気になる方は読んでいって頂ければと思います。

まず心構えの話。大前提として派遣先の会社によってそれぞれの空気やクセ、ルールがあります。派遣される会社での派遣社員への認識の差があるのも事実です。会社によっては「私達は正社員、あなた達は派遣社員」という壁を作っている会社もあるといいます。これから派遣される会社がどういう雰囲気かが分からないうちは目立った行動を避ける必要があるとその同僚は言います。まず会社を俯瞰で観察する能力、これが重要です。女性社会では必ずといってもいい程ある「謎のリーダー」がいます。つまり女性社員の中心人物。そのリーダーはもちろんのこと、その取り巻きにも注意が必要です。一番安全なのはそのグループに参加することかもしれませんが、もし他に第二のグループがある場合は一番大きなグループではなく二番目のグループに参加する方がストレスが溜まらないらしいです。

この話を聞いた時、確かに納得できました。私が以前正社員として努めていた会社はそこそこ大きな会社だったのですが女性社員の一番の勢力を誇っていたグループはどこかギスギスしていたというか、同じ派閥の中でも競争が起きていました。第一勢力に入るくらいですのでそれぞれがプライドも高く、その勢力の中で更に力を誇示したいというのが見え見えでした。それに比べて私が所属(?)していた第二勢力は本当に仲がよく、毎日働きやすい環境で今でもたまにご飯を食べる程です。

要するに派遣先の会社でもし人間関係に苦労しないようにしたいのであれば…

  • 最初は俯瞰で社内を見て勢力を確認
  • 最初からガツガツ参加しないようにする
  • 勢力に入るのであれば第二勢力
  • 男性社員に媚を売らない

以上のことは最低限頭に入れておいても損はしないかと思います。ただもちろん、会社によると思いますので絶対ではありません。会社の規模に限らずみんなが仲が良い会社ももちろんあるかと思います。

働きやすくするも働きづらくするもあなた次第です。

簡単にできるオススメ副業
派遣社員の不安や不満を解消してくれるかも!?おすすめ副業を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です