派遣社員に求められるエクセルスキル

「派遣社員に求められるエクセルスキル」と書いていますがもちろん業種によって変わりますのであくまでも一般的な事務作業ということで読んでいただけたらと思います。今回は基本操作(シートの作成や行と列の設定など)は出来るものとして「関数」に特化して書いていきます

最低限覚えておきたい関数一覧

足し算系
[SUM][SUMIF][SUMIFS]
データ取り出し系
[VLOOKUP][HLOOKUP]
データ分岐系
[IF][IFERROR]
平均を求める系
[AVERAGE]

これはあくまでも最低限必要だろうという関数になります。もちろん他の関数も覚えておいて損はないと思います。

例えば上司から「この資料Excelでまとめといてー」とか「クライアント用にデータまとめといてー」とか言われた時に全部自分で作らなければならない時はもちろん、誰かが作ったエクセルデータを使う場合でも「このセルはどこからデータを持ってきていて何をしているんだ!?」では困ります。完全に使えない派遣社員と見られてしまいます。それだけは避けたいですよね。

Excelの特徴として「大体決まった関数を使う」というのがあります。つまりよほど難しいことをしない限りはどこでも使う関数はほとんど同じということ。

もしこの記事を読んでくれている方で「私全然わからない…」という方がいたとしても、現在は色々な方法で学ぶことができます。ネットでも「Excel 初心者」なんて感じで調べれば色々と出てきますし、もちろん書籍でも沢山出版されていますし、派遣会社が企画してくれるExcel講座みたいな研修もあったりします。もし研修をしてくれる派遣会社なのであれば心配なら積極的に参加することをオススメします。私も最初はそうでしたがやはり調べて覚えるよりも、詳しい人に直接習った方が分かりやすいですし幅が広がります。

またExcelをある程度使いこなすことが出来ればデータ入力」などの副業にも役立ちます。つまり本業はもちろん、副業の幅も広がるということです。

全くの初心者の方から見ると文字や数字ばかりで、特に関数となると敬遠しがちですが、一度理解してしまえばなんてことはありません。また合わせてWordやPowerPointも学習しておくといいと思います。どちらも資料作成で主に使うソフトとなりますが、個人的にはExcelよりも全然簡単です。

スキルは一生使える武器になります。派遣社員の方はもちろん、そうでない方も時間がある時に勉強してみてください。

簡単にできるオススメ副業
派遣社員の不安や不満を解消してくれるかも!?おすすめ副業を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です