【人身事故】電車の遅延は時給が保障される!?

誰もが人身事故や車両故障などが原因で会社や学校に遅れた経験があると思います。学校であれば「やった!正当な理由で授業をサボれる!!」なんて思えるかもしれませんが、時給で働いている派遣社員やアルバイトの場合、その時間は時給が発生しないのでお給料に直接響いてしまいます。ただ電車の場合「遅延証明」というのがあり、正当な理由で遅れましたという証明書を出すことで何か変わることはあるのかというのを今回は書いていこうと思います。

今回のようなケースでは派遣会社によって規則が違うことを予めご理解ください。おそらく派遣会社に所属する時に「労働条件通知書」のようなものを見せてもらったと思いますが基本的にはそれが全てです。またほとんどの派遣会社では「労働した分だけお給料を支払います」というような内容が記載されているはずです。この場合はたとえば1時間、電車の遅延によって遅刻をしたとしてもその一時間分の時給は貰うことが出来ないということになります。自分に責任があるかないかは関係ないというのが現状です。

ちなみに正社員の場合、こちらも全ての会社ではありませんが基本的には遅延証明書を持っていくことで給料の減給というのはない場合が多いと言われています。その点でもやはり正社員の方が恵まれていると言わざるを得ません。

私が所属している派遣会社でも例外でもなく、仮に鉄道会社の責任で遅延をした場合であってもその時給は発生しません。もし電車に乗る前に人身事故などが分かった時は近くのカフェに直行して、パソコンを開いてライターデータ入力の副業をします。それをするだけでその一時間分のマイナスはむしろプラスにすることもできます。すでに電車の中にいる状態で電車が止まってしまった場合、もし座っていればパソコンを開き、立っている状態であればスマホでポイントサイトだったりモニターだったりの副業をします。遅延は自分にはどうすることもできません。しかしその遅延での損失は自分で挽回することは可能ということです。

もし本業が終わってからコンビニなどでのアルバイトを副業としていた場合はそうはいきません。出勤がない、いつでもできる副業は何かひとつは持っていた方がこういう場合もかなり役に立ちます。もちろん遅延という状況でなくても通勤電車の中で副業を行うことももちろん可能です。

まとめます。まず遅延などによる時給、給料の保障はほとんどないと考えて問題ありません。遅延によるお給料の損失によって生活がキツくなるという場合は普段から手軽に出来る副業等で収入源を複数確保することでプラスにすることもできます。いつ起きるかわからない遅延に普段から備えておきましょう!

簡単にできるオススメ副業
派遣社員の不安や不満を解消してくれるかも!?おすすめ副業を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です