正社員になるなら中小企業?大企業?

転職活動をする時に「中小企業」「大企業」といって企業の規模を気にしたりしますか?前回の記事で「派遣社員から正社員に…」という内容を書かせてもらったので今回はもし転職活動をする場合に備えてこのようなテーマで書かせて頂こうと思います。

まず少し話がズレてしまうのですが、このテーマで色々と調べていると「大企業で契約社員or中小企業で正社員」というテーマにも需要があるようです。その内容というと「どちらの方が給料が良いのか」というものがほとんどでした。

まず契約社員として大企業で働く場合。結論からいうと一時的なお給料は高く設定されています。ただ例えば契約期間が3年となっていた場合、その期間の終了時にそのままその企業に採用されるのにはかなりハードルが高いといいます。基本的には期間が終わったら退職をするのが前提となっている場合が多いのでまた仕事を探す必要があります。しかし契約社員としてではあっても「大企業で働いていた」という実績は手に入ることから、転職活動ではかなり有利に働くことがあると言われています。つまりは次へのステップとして活かせるのであれば契約社員として大企業で働くのはOKということでしょう。…個人的にはそんな不安定な未来はちょっと嫌かもしれませんが…。

私のような考えであれば正社員として中小企業で働く方が多分安心して将来設計が出来るのかなと思います。中小企業といっても一概に給料や待遇が悪いというわけではありません。少数精鋭タイプで高い業績を上げている中小企業も沢山あります。特に現在だとIT系の企業であれば人数などの規模感はそこまで関係ないとも言えるでしょう。もちろん将来性もあります。

また大企業と中小企業の大きな違いに「会社から見る自分への価値の違い」ではないでしょうか。中小企業は必然的に大企業に比べて人数が少なく、ひとりひとりの重要度は上がります。つまりやりがいもありますし、会社が大きくなってくれば更に自分のポジションは上がっていきます。対して大企業の場合はよっぽどのことがなければ自分が注目されることもないと同時に、出世に関しても中小企業の方がスピード感を感じることができるでしょう。

待遇に関しても今では中小企業だから悪いというわけではありません。中小企業でも福利厚生がしっかりしているところは沢山あります。ただ大企業であれば間違いないという従来の認識ももちろん間違いではありません。

このように単純に「大企業がいい」「中小企業がいい」という話ではなく自分が将来どのような道を進んでいくかが重要になります。もし正社員を目指して転職活動をするのであれば自分が思い描く将来と照らし合わせて決めていきましょう。

簡単にできるオススメ副業
派遣社員の不安や不満を解消してくれるかも!?おすすめ副業を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です