【何にいくら使ってる!?】働く女性のお財布事情

「貯金したいと思いつつ、節約のつもりでセールに行くと余計なものまで買ってしまった」「一か月の生活費と貯金額を決めても、飲み会などで出費。断るに断れない人付き合い」「一人暮らしがしたいけど、実家暮らしなのに毎月赤字なので無理。みんなどんなお金の使い方してるの?」

お金との付き合い方でみなさん苦労している様子です。入社5年目の手取り20万、一人暮らしのYさんの一か月の出費を教えてもらいました。

  • 貯蓄30000円
  • 家賃40000円(自己負担分)
  • 光熱費15000円
  • 食費20000円(自炊)
  • ランチ代1000円(お弁当で節約)
  • 交際費10000円
  • 通信費7000円
  • 保険料6000円
  • ローン5000円(買い物)
  • 服代20000円
  • 美容40000円(化粧品、ネイル、美容院)
  • 雑費5000円(文具品や洗剤、シャンプー等の消耗品)

Yさんは食費関係を節約し、服や美容関係の自己投資にお金をかけているようです。

自分磨きが好きな人、おいしいものを食べるのが好きな人、旅行が好きな人、多趣味な人、人それぞれ楽しみ方はありますが、自分の収入に見合った使い方をしていかないとどこかでシワ寄せが来て、結果、貯蓄ができなくなったりクレカを乱用してしまうなどの事態になることもあります。

お金と上手に付き合うということは、自分の生き方でもあるわけですし、お金の使い方は、その人自身を表しています。お金に関する計画を立てるのが苦手な方はファイナンシャルプランナーのアドバイスをもらってもいいかもしれませんね。

今を楽しむのはとても大切なことで明日への活力となります。そして、今を積み重ねて将来になります。その時も楽しめてるかな?結婚したらマイホーム欲しいな、子供は何人かな?自分はどんな妻でどんなママになってるかな?考えてください、そこから計画が生まれます。

節約や貯蓄とは、将来の自分が使うお金なのです。そう考えると貯蓄も自己投資になりませんか?今の自分が使うお金、将来の自分が使うお金、それぞれちょうどいいバランスで大切にしていけたらいいですね。

そうは言っても、現在の生活が苦しくては先に進むのもしんどくなってしまいます。どうしても毎月赤字で貯蓄まで回らないという方はもう少し収入を増やすために副業を考えてみてもいいかもしれませんね。

ネットを使った在宅ワークなどでしたら色々な種類の職があるので自分に合ったものも選びやすく、空いてる時間にできますし肉体労働ではないので無理なく続けられるのではないでしょうか。

収入と支出のバランスをうまくとって、今も将来も楽しんでいきたいですね。

簡単にできるオススメ副業
派遣社員の不安や不満を解消してくれるかも!?おすすめ副業を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です