2018年から初めて適用される契約社員の5年ルールってなに?

2013年4月に労働契約法が改正された「無期契約社員」とは、どんな雇用形態なのでしょうか。

これは2013年4月1日以後に開始する有期労働契約からが対象で、それ以前の有期労働契約はこれに該当しません。

有期労働契約とは契約社員のことです(嘱託、非常勤、準社員、臨時社員等)。契約社員は一般的に「雇用期間に定めがある」従業員のことをいいます。

雇用契約で定めた期間だけ労働し、契約期間が満了する時に契約更新をしなければ別の仕事先に移らなくてはいけません。契約期間は最長3年で特別契約社員の場合のみ最長5年となっています。

また契約社員は会社と直接契約しているので交通費は支給されますが、給料は年俸制月給の場合が多く、賞与や昇給などは期待できません。

◆無期契約社員になる条件

  • 契約更新などで通算5年の契約期間がある
  • 有期労働契約の更新を2回以上していること
  • 契約社員本人が無期契約になるための申し出をすること

中には有期労働契約のメリット重視で働いてる人もいるので、この3つ全てが揃うことで無期契約社員になれます。

改正法は2013年4月から「有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申し込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換する」ことが、企業に義務づけられました。

これにより契約社員は定年まで契約更新することなく雇用が継続されることになります。これが『契約社員の5年ルール』と言われるものです。

企業側の5年ルールに対する受け止め方として無期契約社員は給料などの条件は変えずに契約更新だけなくす方向が最も多いという見方が有力です。「無期労働契約=正社員」ではないのです。

5年ルールで考えられる問題点をあげると、5年を超える前に雇止めということも出てきます。5年ごとに契約を終了させる会社も増加するのではと懸念されています。

◆無期契約社員のメリット

  • 更新手続きの煩わしさがなくなる
  • 仕事内容は今までと同じで責任、負担は増えない
  • 契約期間が定年まであるので職の確保ができる
  • 無期労働契約だと解雇されるリスクが低くなる

◆無期契約社員のデメリット

今までの有期労働契約だと契約満了で会社から離れてしまうので、有能な人材は正社員として会社に雇われていたのが無期契約社員になるとそのままの条件で雇えるので正社員の道が遠くなる可能性があります。定年まで勤めても退職金はありません。

無期契約社員になる前に、本当にこの会社でいいのか、雇われる条件が現状のままでいいのかをよく考えた上で無期契約の申し出をしましょう。

簡単にできるオススメ副業
派遣社員の不安や不満を解消してくれるかも!?おすすめ副業を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です